タワイモナイコト。

自分の日々の生活をツレヅレと書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

街を知る。

今日は隣の市で、「Be A Tourist In Your Own Town」と言うイベントがあった。色んな友達から事前に聞いていたのだけれど、いつも通りギリギリにしか動かない性格なため、起きてから行動開始。しかも起きた時間が10時。もう既に負けモードだったのだけれど、頑張った。




ウェブサイトから調べた結果、近くの大学内をウロウロする事に。色々候補はあったのだが、メボシイところは、残念ながら先週、先々週と行ってしまったりしたので。大学内のポイントは全てタダだったのだが、娘っ子をバスに乗せるため、当日も買えると言うイベントパスポートを買いに行った。このパスポートは1人1ドル、3歳未満はタダ。しかもこれを持っていれば、このイベントの間、指定のバスは1ドルのところ、半額の50セントで乗り放題。いつもなら1時間半、進行方向にだったら乗り放題なチケット(未だに良く分からないシステム。バンクーバーの時は2ドルで2時間乗り降りし放題だったのに)なのに、降りようが、乗ろうが50セント。なかなか楽しい企画。それで色々な市内の名所(動物園や科学館などなど)を回って、自分の町を知ろう!というもの。

DSCF1379.jpg



時間は朝の10時~夕方の5時まで。各ポイントでスタンプをもらい、そのうちの10カ所メデタク回った人は、それを指定のところに送れば、景品がもらえるというもの。私たちは小さい子を連れていたので、そもそも10カ所も回れなかったが、11時半ぐらいから出かけて、結局3時半まで遊んだ。大学内のミュージアムはフリーの割に良かった。恐竜の骨の一部だとか、アフリカ象の骨とか、ヘラジカや鹿の剥製などなど、展示してあった。やはり父さん、大興奮。

DSCF1410.jpg


あとは植物園(小さかったけど)を回ったり、またお弁当を食べたりして、休日を満喫。帰りに大学内の名所、アイスクリーム屋さん(大学内で毎日作っている:農学部が有名なため?)に寄ったのだけれど、満員過ぎて断念。次に期待。

帰りに夫と話したのだけれど、こういうイベントが日本でももっと盛んに行われたら楽しいだろうな、と。地域振興には持ってこいだし、まず、私たちも参加しないと駄目だな、と。小さい街だからか、会う人会う人に「チケット買った?」とイベント前には声をかけられた。みんな地元のイベントにはすごく敏感に情報交換している。実際自分も「ここでこんなのありますよー」とか声をかけたりするのだけれど。子連れだと特にだけれど、こういうイベントは手軽ながらとても楽しい。実際今年で12回目らしい。ずっと長く続いて欲しいな、と思った。

DSCF1387.jpg


川沿いの遊歩道にて。



しかし首が痛い。。。首が痛くなかったらもっと楽しめたのに。。。振り向くのも身体全部で振り向かないと行けない位。。。(;´д`)ノ
  • [No Tag]

*Comment

Nangoさんへ。 

Nangoさんへ>
そうなんですよー。私も去年のは知らなくて。自分より大きい子を持っていたり、幼稚園に行き出すとこういう話題がたくさん出て来て。ママの情報網はすごいものです。人伝で広がって行くなんて。すごすぎー。

そっか、Nangoさんはもう行かれていたんですね。博物館。WKARって、いつも入れるのか、知ってます?カイユが来てたらしいです。
  • posted by なおっぺ。 
  • URL 
  • 2006.06/05 20:07分 
  • [編集]

へぇ~! 

知らなかったぁ~!手軽で楽しそう!そっちの大学は大きいですもんねぇ~!天気もよくて羨ましい。

大学内の博物館、次男が大好きでした!(Kさまも興奮なさったんですねぇ~!) 

同感!住民がまず町を知る!すばらしい企画だと思います。私たちもどんどん繰り出さないと…
  • posted by Nango 
  • URL 
  • 2006.06/05 17:04分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

Menu

Search for the words in my BLOG

その他の言語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。