タワイモナイコト。

自分の日々の生活をツレヅレと書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

親は子の鏡。

娘の口が最近悪い。
どうもテレビの影響&私の怒り過ぎが原因か?!

ちと反省。

義父が送ってくれた文芸春秋十一月号、
「団塊の世代『幸福への一千日計画』」の文中に、
以下の文がありました。


“(前略)人間は産まれたその日から
本当にしたいことから目をそむけるように教えられるのです。

例えば、子供が転んで膝小僧を擦りむいて泣き出した。
すると母親はキャンディーを持ってきて、
「これをあげるから泣き止みなさい」と子供を諭します。

子供にすれば,今本当にしたい事は膝の痛みを取り去る事なのに、
口の甘味でそれを忘れろと言われるわけです。
そして,泣き止めば誉められ、泣き続ければ叱られる……
この繰り返しが近代教育です。(後略)”

この2段落目。本文のテーマとは関係ないけれど、
もう何度も読んだ。そこだけ読んだ。

「私の事、誰か見てた?!」と言いたくなるほど(恥)

さて,今日の出来事。
今朝なんだか機嫌の悪かった夫が、
起きたての娘に牛乳を用意していたところ、
娘が「ミルク遅い!」と文句。

夫が怒りだし、娘が半泣き状態。
でも,最近、「泣いたら駄目!」と私が怒るもんだから、
涙を拭き拭きこらえていた娘。

そのとき、上の文を思い出し、
夫が席を外した時に、娘に
「泣きたかったら泣いていいよ」と声をかけてみた。
するとやっぱり、大好きなお父さんに怒られた事が、
悲しかったらしく,泣き出した。

今回は上の文があったこともあって、自分に余裕ができた。
夫が娘を叱る時、9割、私は娘を慰めたくなる。
(多分夫も私が娘を叱る時、そういう気持ちになるんだろう)
特にいつも切れないことで、夫が切れる時。
そういうときは,なるだけ受け止めるようにしているんだけど、
娘と1対1のとき、上の文の母親になる。

もう娘も今年は4歳。子は親の鏡、親は子の鏡。
肩の力を抜いて、娘に接する事が出来たらな,と思う、
年頭の出来事でした。

その娘の幼稚園,長い休みが終わり、今週から再開です。
去年の今頃は早くこいこい幼稚園、だったけど、
今年は幼稚園が始まるのが少し寂しい。
娘が成長して、お世話が減り、
一緒に色んな事を経験出来るようになり、
“娘=独立した人間”になったからかもしれない。

さっき、「(○○が)幼稚園に行ったら、お母さん寂しいわ」と言ったら、
「○○も寂しい。でも幼稚園には行かなきゃ。帰ってくるからまた遊ぼうね。
元気を出して」と励まされた。
母、頑張ります!

そして,その母、夫と娘の為にパンを焼きました。

DSCF3476.jpg


明日,食べてもらいましょう!
  • [No Tag]

*Comment

 

遅れましたー。娘の幼稚園が始まって、
私の英会話が始まって、
朝6時起きが復活し、こんな怠惰に(笑)

ほんとそうです.と言いながら、
昨日も切れちゃった、、、母はとっても反省です。
近くにいたら、毎日のように通って、
反省話で盛り上がったかしら?!(笑)

メール、どうもありがとです!
またゆっくり返信しますねー。
  • posted by なおっぺ。 
  • URL 
  • 2007.01/11 20:51分 
  • [編集]

 

あぁ・・・分かりすぎる、その気持ち・・・。自分が普段、目を釣り上がらせて怒り狂っていても、夫が子供を叱っていると、子供が気の毒でたまらない。この親の身勝手な気持ち、子供が知ったら笑うだろうなぁ・・・TT
子は親の鏡、本当にそう思います。親のする事言う事、そのまま子供に反映される。その恐ろしさに毎日おののく日々です^^;
  • posted by ジャイママ 
  • URL 
  • 2007.01/10 00:41分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

Menu

Search for the words in my BLOG

その他の言語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。